飛騨市最北の宮川町にある蕎麦角山(1222m)に登ってきました。 
ぎふ百山の一つで普段は藪漕ぎ必須のお山。
薮が雪下に埋もれてるうちに冬季ルートを歩いてきました。
<コースタイム>
7:40神社=10:50蕎麦角山11:45=14:00神社

1、蕎麦角山の冬季ルート

CollageMaker_20190313_132617643
上記のように尾根伝いで左回りの周回をしてきました。
目印のリボンは非常に少なく、特に下山ルートは所々尾根筋が分かりづらいです。
GPSログを事前に落としておいた方が安全です。

2、登山レポ

DSC02483 
曇天の日曜日。
今日はあまり天気が良くないようですが、とりあえず神社の近くに車を停めてスタートです。

DSC02433
トンネル手前まで北上し、右側から山に取りつきます。

DSC02434
さっそく藪の洗礼を受け、嬉しそうな(いつもより速い)リーダー。
登山口とかはないので、灌木を掻き分けつつ尾根に上がります。

DSC02437
そのまま尾根伝いに歩くと、林道との合流地点である鉄塔に出ました。

DSC02438
左から右に林道が走ってますが…

DSC02439
今日登るのは正面。自由です。
しかし、ここからは踏み抜き多発ゾーン。
雪の下に薮があるからか、腐り雪だからか…。しかも踏み抜いた足を捕まれて引き抜くのが大変!

DSC02444
そんな訳でワカンの出番です。ツボ足と比較すると結構な差。

DSC02440
少しだけ緩やかなのんびり区間になり、

DSC02445
急になったら上までひたすら直登。

雪は深く腐ってるので、足元も手元もとにかく崩れます。しかし、もともと登山道として整備された道じゃないので木々が障害になってよじ登らなきゃいけない場面が頻繁に繰り返される。

ちゃんと浮くなら楽しいんだろうけど、この雪質。正直もう賞味期限切れ。疲労感が半端ない。

DSC02450
仲間の存在に助けられ何とか登りきると、ふと前方を横切るものが…

CollageMaker_20190315_133157643
今年の主役、瓜坊でした。

DSC02451
天気も回復してきて、木々の間から北アルプスが励ましてくれました。

DSC02455
頂上手前はちょっぴり稜線歩き。

DSC02456
無事、蕎麦角山登頂です。
夏は灌木やら笹やらが繁ってジャングルのような山頂らしいけど、この日は積雪が150cmあって明るい林って感じでした。
山頂標識は雪の下でしょうか。でも、夏の地点で半分朽ちてたらしいからもう朽ちてるかもしれない。

DSC02461
帰りの尾根は、広がっていて分かりづらい所があるのでGPSで確認しつつ下りました。

DSC02462
こちらもなかなか急な尾根です。

DSC02467
落葉樹と常緑樹の境目を下ります。

DSC02469
麓に近づくと積雪量も減ってきて踏み抜きと藪漕ぎのコラボ。贅沢ですね。

DSC02470
夏道と思われる林道に出ました。

DSC02472
林道で降りてもいいのですが、もうこのまま尾根を降りることに。
鉄塔の脇を通り抜け直降します。

DSC02475
途中、地図に載ってない道に合流し、

DSC02476
再び道がなくなり、広い杉林に出ました。
見た目の穏やかさとは反対に、黒髭危機一髪状態で数歩に一回ズボる悪夢のゾーンです。

DSC02479
そんなこんなで、車道に合流した時は歩きやすさに感動でした。だって沈まない…!

DSC02482
帰り道、周回してきた尾根を一望。
登山道じゃない尾根道って歩きづらいんだと勉強になりました。


**
尾根歩きだし、天気が良ければ立山まで見えるし、蕎麦角山は冬季登山がベストなんだろうと思います。
ただ、踏み抜きがすごく辛いので、登られる方は雪が腐る前を強くお勧めします。