2018年も終わりに近づく11月、能郷白山に行ってきました。
日本で最初にノウゴウイチゴが発見されたということで、苺が描かれた山頂標識がある山です。

今回は長めの能郷コースからアクセス。
開けた尾根歩きに久々の秋晴れが合わさり、気持ちのよい山行となりました。
<コースタイム>
7:40ゲート=8:37登山口=9:18旧登山口=11:41能郷白山12:41=15:02登山口=15:45ゲート 

1、林道と急坂を辿り旧登山口へ

1545365909884
能郷白山は温見コース(登り120分)と能郷コース(登り190分+林道3.5km)がありますが、今回は長めの能郷コースから登ります。
駐車場にはトイレもポストもありません。登山届けは道中の能郷白山神社で提出しました。

DSC01718
2018年現在、登山口3.5km手前のゲート前まで車で入れます。駐車場は7時過ぎには満車でした。

DSC01719
まずは林道歩き。舗装路はぼこぼこ。

DSC01720
1時間掛からないくらいで、登山口に到着です。

DSC01775
最初に能郷谷を渡ります。
今年は開山1300年と言うことで橋が掛かってましたが、去年は鉄の棒だけだったらしい。

DSC01722
麓の方では紅葉が迎えてくれました。

DSC01724
最初から急坂ですが、林道歩きで体も温まってるのでいい感じ。

DSC01725
と思ったら残り4315 !?
メートルで書かれると凄く長く感じる…。

DSC01728
ガードレールが見えたら旧登山口に到着です。

2、気持ちのよい尾根歩き

DSC01729
地図によると急坂ゾーンは終わったようですが、まだまだ登ります。

DSC01730
標高も上がってきて隈笹が目立ってきました。

DSC01731
道の真ん中、登ってきた登山者を待ち構えるのは「おむかえブナ」

DSC01732
直後に「ももすり岩」
腿をするような狭さではないんですけどね。

DSC01733
ここまでくれば一度休憩。
緩やかな気持ちのよい尾根歩きになります。

DSC01734
老ブナ坂。

DSC01738
前山に向かって標高を上げます。

DSC01737
振り返るとなかなかな眺望。

DSC01739
前山への稜線を辿ると…

DSC01740
正面に能郷白山!大きな台形のお山です。

しかしお分かり頂けるだろうか。
この能郷コース、山頂を見ながら下ります…。

DSC01744
下りきったら最後の登り返し!
最近弛んでるから心挫けそう…。

DSC01745
黙々と登り、空が近くなったらあと少し。
左に行くと奥宮、右に行くと山頂標識があります。

3、苺の山頂標識

DSC01746
まずは左、能郷白山神社奥宮へ。
祠はなくなってしまったらしい。

DSC01763
辺りは広く開けており、眺望を遮るものもないので、昼食をとる登山者さんで溢れていました。

DSC01749
山頂の方へ向かいます。

DSC01750
念願のイチゴの看板🍓✨
1300年の記念年に無事登頂です。

DSC01760
苺の山なので苺のお菓子で攻めてみました。

山頂からは御岳とか乗鞍とか北アが見えるそうですが、今日は遠くに霞んじゃいました。
でも、濡れない、寒くない、藪こがない、ここ最近で一番いいコンディション…!

DSC01765
機嫌よくお腹を満たしたら後は下山だけです。前山への登り返しが見えるのは気のせい

DSC01771
山並みは色を失い始め、もうすぐ冬だなぁと感じた下山でした。


**
能郷コースは、林道を加えると長めのCT、かつ、最後に登り返しが待ってますが、振り返った時の眺めが良く、登った!と充実感があるコースでした。 
イチゴの看板も可愛いかったです🍓