滋賀の琵琶湖南の金勝(こんぜ)山。
1000m以下の里山に関わらず、アルプスのような岩岩とした景色が楽しめるという山です。

<コースタイム>
10:44上桐生=12:08鶏冠山=14:26竜王山=16:20上桐生 

私事ではありますが、転職したり、東海地方に引っ越したり、骨を折ったりでしばらく山を休んでいました。落ち着いたので山も復帰!ということで、滋賀の低山を歩いてきました。

1、アクセス

公共交通機関の場合、
①JR東海道線草津駅で下車。
②草津駅東口バスターミナル3番乗り場より上桐生行きのバスに乗り約30分、上桐生にて下車。

バス停を奥に進むと数分で駐車場に着きます。水洗トイレ・登山ポストあり。

2、涼清涼感ある沢沿いの道

久々の登山。リハビリということで、重り代わりにテン泊の道具を突っ込んでの出発です。
まずは鶏冠山との分岐まで落ヶ滝線で登ります。

DSC00009
沢沿いの道ということで何度か沢を渡りますが、どこぞの鶏冠山の渡渉と比べたらかわいいもんでした。

DSC00014
シダの葉っぱと岩の上を流れる沢がいい雰囲気です。

DSC00017
こういう一枚岩が水の流れで抉られている風景好きだなぁ。

DSC00018
里山らしく青々とした道を進んでいくと、あっという間に落ヶ滝の分岐に到着しました。
往復10分なのでぜひ行っておきましょう。

DSC00021
岩の上を流れる落ヶ滝。
17mくらいの滝ですが、すぐ近くまで寄れるので大きく感じました。

DSC00026
少し進むと樹林帯を抜けて開けた場所に。

DSC00027
草原のなかに川。
一瞬、道なのか?と思ったけどここを辿ってくみたいです。

DSC00029
ちょっとした岩場。

DSC00033
沢沿いにはキンコウカ(金光花)

景色の変化が楽しい道でした。ここから稜線に上がると鶏冠山への分岐があります。
往復1時間の寄り道なので無視してもいいのですが、今回はピークハントしていきます。

樹林帯をもくもくと登ります。ツツジの木がいくつかありましたが枯れてました…。

DSC00034
はい、鶏冠山!聞いた通り展望皆無!

3、巨石奇石の溢れる稜線歩き

どこぞの鶏冠と違ってがっかり山頂でしたが、ここの最大の魅力は間の稜線なので気を取り直していきます。
しばらく歩くと樹林帯を抜けて…

DSC00037
滑らかな岩稜が姿を表しました。

DSC00042
里山とは思えない開放的な稜線歩きです。
初夏だけに焼けるように暑い…。

DSC00041
奇岩もごろごろ。天を仰ぐ人。

DSC00043
なんだか屋久島を思い出します。

そして、いよいよメインの天狗岩。
道沿いの特定の岩を指すのかと思ったら、天狗岩でエリアが一つが構成されている模様。

DSC00046
とりあえず登ってみると、この景色。

DSC00051
ひときわ大きな岩。これが天狗岩でしょうか。

DSC00053
奥の方まで自由に探検できるようです。
手で握ると崩れるような脆い岩たちは、風化の影響か不思議な形。

DSC00055
楽しい楽しいアスレチックエリアでした。

DSC00060
展望もよく、眼下に琵琶湖が広がっています。車が見えて、ほんと低山なんだなぁ思い出しました。

4、歴史感じる静かな下山路

DSC00063
本日のメインディッシュを終え、4m程のお立ち台である耳岩というデザートも頂き、気分は下山です。
暑いし重いし、ちょっとした階段がしんどい。

DSC00064
白石峠に到着。竜王山までは往復40分の寄り道です。無視したい。
それにしてもこの標識、起点(1200m)まで25分、 竜王山(500m)まで20分とかよく分かりません。

DSC00065
少し歩くと、岩から削り出してある茶沸観音。

DSC00069
そして、立派な祠。

DSC00070
ちょいと上って竜王山。
地味です。しかも山頂標識が2つあるんですが標高がずれてます…。

DSC00072
一部展望があるのですが座ると見えないので、お昼ご飯は天狗岩一択です。

DSC00075
ささっと戻り、重ね岩。

DSC00079
下山路は石段が多くて、なんとなく歴史を感じます。

DSC00081
駒坂磨崖仏。
かなり巨大な岩に仏様が浮かび上がっています。木々に囲まれた中、仏様のとこだけ光が差し込んでて一瞬どきっとしました。

DSC00082
神社の跡地のようで、お地蔵様がたくさんいらっしゃいました。

再び沢沿いの道になり最後は林道になります。誰もいない道に「警報鳴らせ」の道路標識が時々立ってて不気味でしたが、車道だった時のなごりのようです。

DSC00088
この登山コース、なにが珍しいって高速道路を下を横断するのである。

DSC00094
最後の寄り道、逆さ観音。
最初は逆さではなかったのですが、堤防を作る為に削ったりするうちに落ちてしまったようです。
それでも花が備えられ、側には東屋が建てられ、大切にされている感じでした。

DSC00099
オランダ堤防。これに使われたのかな?

DSC00096
少し進むと、いきなりどっかの公園のような人工的な景色が広がってました。

DSC00100
ひとっこひとりいなくて不気味ですが、この辺はキャンプ場らしい。
男子トイレがオープンすぎて衝撃を受けました。


久々に荷物を担いだのもあり思ったよりしんどかったですが、短時間の間に次々と景色が変わり楽しいコースでした。