寄のロウバイ祭が満開と聞き、花見登山(正しくは花見+登山)に丹沢山地の南部に属するシダンゴ山(758m)に行ってきました。
シダンゴ山はのんびりでもバス停「寄(やどりき)」から3時間程で登下山できるお手軽な里山。里山ながら山頂は展望にも恵まれています。


<コースタイム>
田代向07:15=07:49宮地山=08:04タコチバ山=08:36シダンゴ山=09:13猪防護柵=9:33寄ロウバイ園

仕事やら体調不良やらで1ヵ月ぶりの登山。軽めに行こうと丹沢に向かいました。
新松田でうっかり欲が出て西丹沢行きのバスに乗らないように最低限の装備で出発。

始発のバスを求めて7時前に新松田に行くとどこのバス停もガラガラでした。
西丹沢方面は積雪でトレースが怪しいらしいし、シダンゴは始発で行くような山ではないということでしょうか。

P2120001
3番寄行きのバスに乗り、手前の田代向で下車します。
寄からでもいいんですが、なるべく同じ道は歩きたくないのでこちらから。

P2120002
この指導標にしたがって歩き出します。(バス下車口から5m程戻ったところ)

P2120004
案内板が見えたら右へ。

P2120005
しばらくは宮地集落内を歩きます。
市街地を歩いて登山口に向かうのもいつぶりかって感じで地味に楽しい♪

P2120009
静まり返った集落を抜けると登山口に到着です。

P2120011
朝日が差し込む登山道。よく整備された明瞭な道です。
雪山続きだったのでこの風景が新鮮だー

P2120016
宮地山の標識に従い緩やかな道を登っていくと、途中でシダンゴ山の指標に変化してしまいました。
宮地山山頂標識がないかと思いきや、指導標を無視して直進した柵の近くにありました。

P2120015
これうっかりしたら見落とすんじゃないだろうか。

P2120017
日影に入るといくら低山と言えども寒いです。地面が霜柱でシャリシャリです。

P2120019
自転車での下降って標識が建つほどメジャーなのか…?

P2120020
枯木と快晴ってまさしく冬って感じ。

P2120022
急登りも全くなく、本日2座目のタコチバ山に到着。

P2120025
ここからは一度標高を下げます。
この辺りは現在伐採をしているようで、放置された杉のせいで地面がやたら青々してました。

P2120026
下りきると鉄塔!山の中の鉄塔はなんかテンションあがります。

P2120029
そして舗装路との合流。同じ人工物でもこっちはテンション下がるなぁ…

P2120030
ここから一気に登るかと思いきやピークをまくように緩やかな登りが続きます。

P2120031
鉄橋。

P2120033
分岐に出ると、いよいよ今まで巻いてたピークに取り掛かるようです。

P2120034
ゆる登山すぎて階段が続こうと元気元気。もちろん男坂を登りますとも!

P2120038
馬酔木が増えてきたら…

P2120039
開けた場所に出てシダンゴ山山頂!奥には丹沢の山並みが広がっていました。

P2120041
市街地の方。ちょうど太陽が正面でまぶしすぎてあまり見えなかった…。

P2120042
山頂は馬酔木に囲まれた広い空間となっており、展望よし、居心地よしです。
本日の課題1「シダンゴ山で団子を食べる」達成。

P2120040
バカなことやってますが、シダンゴはダンゴは関係なく坊さんの名前から来てるらしいです。

P2120043
ラーメンでも食べようと思ったけど、装備が最低限過ぎて寒くなってきたので寄に向かって下山することに。
今までも十分整備されてましたが、こちらは落ち葉もなし、階段なしで走って下山できそうな道でした。

P2120045
途中、舗装路と合流しますが、もちろん登山道で下ります。
そろそろシダンゴ山もにぎわってくる時間みたいで、たくさんの方とすれ違いました。

P2120047
しっかりとした猪避けの柵。鹿でなく猪なんですね。

P2120052
柵を抜けると集落に放り出され、登山はいきなり終了です。

P2120050
茶畑がきれいでした。

P2120054
橋には鉄琴がついていました。
こういう遊び心はだいすきです。

P2120055
橋を渡ると寄に到着です。
いよいよ本日のご褒美兼課題2「寄ロウバイ祭」を堪能すべく、300円を支払いロウバイ園へ。

P2120079
今年は寒波で開花が遅れたらしくちょうど満開!

P2120073
一面に広がるロウバイの甘い香りに癒されます。

P2120061
蝋細工のようだから蝋梅らしい。色合いといい質感といい、納得できる名前です。

P2120077
お日様に輝く蝋梅。この透き通った感じがまた素敵。

P2120057
快晴過ぎて里山に行くにはもったいないかもと思ったけどロウバイと青空は最高でした。

P2120088
梅も咲き始め。来週から雪山に逆戻りですが、春の訪れを感じた一日でした。

P2120064
ほどよいハイキングと美しいロウバイにとにかく癒された一日でした。
次は梅か桜でも見に行きたいなぁと思います。