日光白根山(2578m)に登ってました。関東以北最高峰なので、これより北や東に日光白根山より高い山はないという、ちょっと特別な感じのする山です。

今回はお手軽登山ということでロープウェイを利用して山頂に向かいました。
その後は有志で五色沼→七色平を周回してきたのですが、冬の周回はロープウェイ最終時刻との戦いです。

<コースタイム>
9:15日光白根山ロープウェイ山頂駅=10:05大日如来分岐=12:00奥白根山12:25=13:00五色沼避難小屋=13:23五色沼=14:00弥陀ヶ池=15:10日光白根山ロープウェイ山頂駅

近いのになかなか行く機会のなかった日光白根山。
年末に草津白根山でご一緒した方々と白根山繋がりで登ってきました。

[画像:26d80d24-s.jpg]
丸沼高原スキー場の車中泊エリアにて仮眠をとって、8時半、ロープウェイで出発です。
ピーカンにも関わらずあまり混んでおらず、ロープウェイも待ち時間なしでした。
ここで躓くと周回が厳しくなるので良かったー!

[画像:16a5e53f-s.jpg]
あっという間に標高2000mに到着。
正面がこれから目指す日光白根山です。

[画像:28bb31a6-s.jpg]
山頂駅は広場みたいになっており、一番展望がいい場所に「天空の足湯」があります。
湯から足を出した瞬間に凍えそうと思いつつ密かに期待していたのですが…、

[画像:c826bda5-s.jpg]
完全に凍結。この落ちは想像してなかった…。

[画像:6d0f0ad1-s.jpg]
気を取り直して奥の鳥居をくぐり登山開始。

[画像:86446373-s.jpg]
二荒山神社。雪に朱色もいいなぁ。

[画像:3f882535-s.jpg]
登山道へは扉があるのですが、開かないので冬はネットの下を潜ります。

[画像:d8e3bd4b-s.jpg]
しばらく緩やかな林。
ワカンが必要という予想に反してしっかりと踏まれている雪だったので邪魔になって早々に外しました。

[画像:9783d6cf-s.jpg]
大日如来。地図だと避難小屋が近くにありますが、ここからは見えません。
七色平の方に歩くとありますが、荒廃してるので休憩できるのかは…

[画像:c05d1bd3-s.jpg]
今日は雲一つない完璧なピーカン!樹氷が美しいばかり。

[画像:05fc6dee-s.jpg]
少しずつ傾斜がついてきました。

[画像:ddd086cc-s.jpg]
登る先に青空が見えてきた!あと少しあと少し。

[画像:ef7aafb6-s.jpg]
樹林帯を抜けるとの光景!なめらかで真っ白な山肌には感動するばかり。

[画像:33324af8-s.jpg]
右手には雪に埋もれるお立ち台を発見したので登っときました。

[画像:1b1f652b-s.jpg]
見えてるピークは山頂ではありませんが、本日一番の登りです。
無心になって一歩ずつ登っていきます。

[画像:86960a8f-s.jpg]
後ろでは富士山が応援してくれていました。

[画像:2f43134a-s.jpg]
登りきると旧火口跡。
五色沼に降りる場合は火口を左から回り込むようにして向こう側にいきます。

[画像:df6b7e79-s.jpg]
神社があり、

[画像:feae26a7-s.jpg]
ゴツゴツしたピークが見えたらいよいよ山頂!

[画像:465a553e-s.jpg]
ピーカンの日光白根山、いただきました!

[画像:6c0f527c-s.jpg]
ふと来た道の右手を見ると、五色沼と男体山、そしてお立ち台がありました。

[画像:b95a6758-s.jpg]
これは登るしかない!
高度感があってゾッとしましたが大満足♪

[画像:36bf3d61-s.jpg]
山頂からは五色沼が見えます。綺麗な青色に見えると言いますが凍結模様。
この時12時すぎ。ここで出てくる選択肢は2つ。

①のんびりピストンで戻る。
②休憩しないで歩き、五色沼から周回する。


…はい!2番行ってきます!

[画像:126bc170-s.jpg]
先程の火口を回り込んでいくと目の前に男体山と中禅寺湖が広がっていました。

[画像:e27dfea4-s.jpg]
ネット上で冬季に周回する記録が少なかったので危惧はしていたのですが、案の定トレースは皆無。
地図によると、目の前の五色沼に直接下りるのではなく、右手側の避難小屋に降りきってから平行移動で向かうようです。

[画像:00d496c4-s.jpg]
ただっぴろい斜面を自由に歩く開放感!
トラバースでゆっくり高度を下げて…

日光白根_180121_0171
雪もいい感じなので、途中から直降してました。

[画像:d0d23c96-s.jpg]
樹林帯に突入。まっすぐ降り続けます。

[画像:33c252a7-s.jpg]
樹林帯を抜け、指導標から少し歩いたところに五色沼避難小屋。
写真中央の窓が入り口でしょうか?板をどかして入れそうです。

[画像:3689ab51-s.jpg]
中には毛布がたくさんかかってました。
二日前に避難小屋泊した方がいるそうですが、窓が完全にしまりきらないので寒そう。

[画像:9a806c83-s.jpg]
ここからは五色沼まで平行移動です。
さっきの下りの元気はどこへやら。足が重くてとにかくしんどい。

[画像:e469d065-s.jpg]
無雪期なら樹林帯を抜けると目の前に真っ青な五色沼が広がって感動するらしいですが、積雪期はただの雪原
まぁ、上から見たときから分かってたことではあるのですが。

ここからは頂上から五色沼に直接降りたボーダーさんのトレースがあるのですが、ズボズボなのでワカンを装着。

[画像:d091c721-s.jpg]
五色沼の横を歩き切ると樹林帯に入り、九十九折りの登り。もうしんどいー!

[画像:31d795c6-s.jpg]
開けた場所にでると阿弥陀池。はい、雪原!

[画像:be395c85-s.jpg]
一日太陽に照らされた樹氷は融け始め、キラキラと輝いていました。

[画像:18e29325-s.jpg]
再び樹林帯に入るまでは緩やかな登りが続きます。
歩き方の問題か、雪山ってほんとすぐにばてる…。

[画像:c07a5db0-s.jpg]
樹林帯に入るとしばらく下り。雪があるのをいいことに勢いに任せて下る下る。
トレースもあってないようなもんなので自由に降ります。

[画像:cad8491f-s.jpg]
勇敢にもアイゼンで挑む友人は膝までずぶずぶしつつも驚異の速さで進んでいました。
下り切ったらまた樹林帯の中を平行移動です。平行だと長く感じるのはなんでなんでしょう。

[画像:dd631b47-s.jpg]
樹林帯の中、少し開けた空間が七色平。

[画像:fd77ad80-s.jpg]
七色平避難小屋があります。
しっかりとした作りですが中は荒廃しており、仲間曰く「出そう」

やっとの思いで朝歩いた道に合流すると、一気に歩きやすくなりました。
ロープウェイのこともあってか無言で飛ばす友人。立ち止まったら大変なことになる気がして無言で追いかけました。

[画像:127df9d1-s.jpg]
15時10分。バテながらもぎりぎりロープウェイに間に合いました。
日が傾き始めた頃、青空の中に堂々としている白根山のお姿が美しかったです。


山頂までの和気あいあいとした雰囲気から一変、五色沼周回は時間を気にしながらの戦いでしたが、真っ白な山肌を自由に歩く開放感、広大な場所に自分たちだけが取り残されてるような圧倒される感覚、山頂まで戻った時の達成感もあって充実したコースでした。
雪に埋もれて、五色沼や阿弥陀池といった日光白根山らしい景色は見れなかったので、また無雪期に登りにきたいなと思いました。