2017年の丹沢納めに丹沢最高峰の蛭ヶ岳に行ってきました。

計画では丸々2日を掛け、大倉から西丹沢までのんびりと丹沢の主要な山々を尋ねる予定でしたが、急遽予定が…
それでもどうしても行きたくてナイトハイク下山してきました。

景色と小屋のことしか書いてないので、道のりを知りたい方は過去の記録をどうぞ
★蛭ヶ岳を通る記録一覧
★丹沢山を通る記録一覧
★塔ノ岳を通る記録一覧
<コースタイム>
大倉バス停07:49=10:13花立山荘10:36=11:26塔ノ岳=12:38丹沢山=14:30蛭ヶ岳【宿泊】
3:12=4:23丹沢山=5:28塔ノ岳=7:40大倉 
[画像:f2a9518b-s.jpg]
今回は行きも帰りもおなじみの大倉尾根。
せっかくなので、いつもは行かない大倉高原山の家経由で、丹沢の門を通過してきました。

[画像:209cfb7f-s.jpg]
ここは、樹林帯にありながら展望スポット!
ただ、大倉高原山の家は29年11月末で閉鎖になったようです。
水場は協力金の案内はなくなり、「水質検査未実施。飲料の場合は煮沸を」とのことでした。

[画像:a6956d72-s.jpg]
堀山の家では、恒例のリース販売をしてました。

[画像:234d7ecb-s.jpg]
ジブリのパネルは顔をはめやすい位置に移動。だけど日にちが間違ってる…

[画像:ad7ba7a8-s.jpg]
階段地獄を登ったら久々に花立山荘さんで休憩。
うどんが売り切れなので豚汁にしてみました。山菜入りで美味しかったです。
気のいい小屋のにいちゃんが、花立山荘は安い!人が少ない!山荘にいながら夜景が見える!と宣伝してくれました。いつか泊まりにきてみたい。

[画像:f4cf9af8-s.jpg]
塔ノ岳に登頂。登ってるときも思ったけど今日は異様に人が少ない!
塔ノ岳で何も気にせずに写真を撮ってるのに誰も映らないって奇跡な気がします。

[画像:882e8f1d-s.jpg]
丹沢山方面へ。塔ノ岳直下は道が白くなってました。

[画像:6b67e5e1-s.jpg]
雪かと思ったらこんな感じの結晶。霧氷が落ちて積もってるんでしょうか。

[画像:cb65bc11-s.jpg]
はるか先に三角屋根の蛭ヶ岳山荘(中央左)が見えます。遠近法で最高峰なのに低く見える…。

[画像:cb700e61-s.jpg]
丹沢山への稜線は青青しくて優しい感じ。

[画像:238a4072-s.jpg]
丹沢山に登頂。

[画像:426144c9-s.jpg]
蛭への稜線はちょっと渋い。

[画像:1a06749b-s.jpg]
1度下って登ったところの熊笹の草原が綺麗でした。

[画像:d2e09b11-s.jpg]
数字に拘りを感じる不動の峰休憩所。
搭までは猛烈に暑かったのですが、風も出てきたのもあってこの辺りから寒い!

[画像:21aa4f31-s.jpg]
霧氷が残って雪の花が咲いていました。
ときどき風を受けて花びらが舞い踊ります。

[画像:95a6712b-s.jpg]
搭からは近く見えるけど、途中から見る蛭さんが意外に遠い。

[画像:a02a780e-s.jpg]
お約束その①ねじれ

[画像:3c31f0ab-s.jpg]
お約束その②鬼ヶ岩

[画像:e9d1609d-s.jpg]
ここの鎖場、下からみると崖ですが歩いてみると緩やかです。ただ、なぜか高度感があるのと、強風スポットなので注意です。

[画像:508bb493-s.jpg]
本日の宿、蛭ヶ岳山荘に到着。

談話室はござの上にストーブを囲むように机があり、夕食時間以外は誰かしら集ってる感じです。
火を使う場合は奥の自炊室を使うようにとのことでした。

[画像:e37d7db2-s.jpg]
奥には客室。毛布はさらさら、布団はふっくらで快適!ただ、ストーブがないので冷蔵庫
夜は流石に人が集まるせいかそれなりに暖かかったですが。

トイレは様式3つで、紙はゴミ箱、流すときはペットボトルの水をながす方式。造花が飾ってあったりと小屋の方の気遣いも感じられ綺麗に保たれています。

生活用水は外のポリタンクに雨水が貯めてありますが、今回は巨大な氷が浮いてる…^^;[画像:94e3990c-s.jpg]
小屋探検を終えたらサンダルで蛭ヶ岳山頂!

[画像:004c513c-s.jpg]
蛭ヶ岳山荘のシンボル、てるてるぼうずが冷たい風のなか踊っていました。

[画像:5fe1eb8d-s.jpg]
小屋に戻ったら自炊室にて鍋パーティー!
蛭ヶ岳山荘は展望と施設は良いのですが食事は残念と聞いていたので自炊です。
自炊室は6人掛けのテーブルが3つ程。混雑してるとのんびり自炊は難しそうです。この日は偶然空いていたので 2時間掛けてのんびり食事しました。

おたまを忘れましたがお隣さんが貸してくれました。丹沢のこのアットホームな感じ、ほんとに好き!

[画像:d2708aff-s.jpg]
翌日、自炊室にて朝食を食べ、3時過ぎに下山開始。
小屋を出ると蛭ヶ岳の素晴らしい夜景と夜空が広がっていました。そして下には4つの鹿の光る目。

丹沢山までの道は霜が降りて土が凍ってますが、滑るような感じではありませんでした。夜に歩いてみると意外に気を使いますが…
ただ、時々視界いっぱいに広がる夜景は息を飲むような美しさでした。

[画像:3c44338e-s.jpg]
4時。丹沢山に到着。こちらはあまり展望に恵まれない山です。
ペットボトルが凍り始めており、小屋前にて気温を確認したらマイナス8度でした。
雪も無いのに、目出し帽に冬用手袋、飲み水は凍りかけと、気分は雪山登山。
真っ暗で、風の音しかしない稜線を歩きながら、今この瞬間、丹沢で歩いてるのは自分達だけではないかと思う。

[画像:cfcb6cbd-s.jpg]
5時塔ノ岳。ここも展望がいい。
尊仏山荘さんは、朝から豪快にストーブが稼働していましたが、大混雑で休憩を諦め下山。

[画像:9fa0a4e1-s.jpg]
5時半ごろ。花立山荘に到着。

[画像:599589e5-s.jpg]
日中でも展望に恵まれた場所ですが、ここからの夜景と夜明け前の空には感動しました。
この辺りからやっと、ちらほらと登山客とすれ違うようになります。

[画像:d6c72aae-s.jpg]
途中、リスを発見。

[画像:7b69ebc0-s.jpg]
そして、ついに朝焼けに照らされる大倉尾根。

[画像:0f806626-s.jpg]
山に泊まったのに、樹林帯で迎える日の出。
付き合ってくださった友人様、本当にありがとう…

[画像:f0bd2500-s.jpg]
富士山も赤く染まっていきます。

[画像:a789f448-s.jpg]
そして、長い大倉尾根下山もやっと終盤。
見張らし茶屋のテラスで朝日を眺めました。

7時40分、大倉に到着。昨日からほぼ24時間ぶりに同じ場所に戻ってきました。
そのまま職場へ。エクストリーム出社とかいうけど、登山からの仕事は眠すぎでした。

丹沢納めがまさかのナイトハイクになってしまいましたが、夜の稜線からの夜景は本当に美しかったです。
次に機会があるなら、塔ノ岳までご来光登山でもしたいなぁと思います。