夏休み企画第一段として木曽駒ヶ岳(2956m)に登ってきました。
ロープウェイで 2612mまで上がることができる木曽駒ヶ岳。駅を降りるとすぐ目の前に千畳敷カールが広がっており、登山者だけでなく観光客にも人気の山です。
途中の宝剣岳(2931m)では、ちょっとした度胸だめしもできます。

1年後、宝剣岳を南から北に抜け、濃ヶ池経由で周回して帰った記録はこちら。
<コースタイム>
6:05千畳敷駅=06:43乗越浄土=07:00宝剣山荘=07:10宝剣岳07:47=08:19中岳=08:39木曽駒ヶ岳08:48=09:38宝剣山荘=09:44乗越浄土=10:23千畳敷駅
[画像:2f2ddc1e-s.jpg]
世間は山の日からの盆休み。
盆の木曽駒は大混雑すると聞き、大事をとって2時頃、菅の台バスセンターに行きました。
仮眠を取って3時半にバス停に並ぶと、だいたいみなさん同じ考えのようで、どんどん行列が長くなります。
チケットの購入列は別になっており、4時からの販売開始でした。

そんなこんなで、早起きというか不眠の甲斐あって、始発前の臨時バスに乗ることができました。
ロープウェイも比較的スムーズに乗ることができ、繁忙期は2時間待ちになるらしいという、恐怖の事態を避けることができ一安心です。

[画像:fa69a238-s.jpg]
7分30秒であっという間に2612mの世界へ。
素晴らしい雲海が広がっていました。

[画像:29dbc08a-s.jpg]
そして駅を出ると千畳敷カールです。
人の大きさからわかるように、とにかくスケールが大きい!

[画像:a17a1cdd-s.jpg]
駒ヶ岳神社にお参りし、右側の登山道からカールを直登します。

[画像:a99ddff3-s.jpg]
カールはお花がたくさん咲いてきました。
まずはクルマユリ。

[画像:f1f7d11a-s.jpg]
クロユリ。

[画像:f6794dd4-s.jpg]
シナノキンバイ等の花畑。

[画像:79e02d86-s.jpg]
ハクサンイチゲ。

[画像:f5f5a366-s.jpg]
タカネグンバイフウロ。

[画像:3b00b975-s.jpg]
とまぁ、花が咲き乱れていたわけですが、最近の微妙な体調不良+寝不足+一気に標高を稼いだ+急登をガツガツ登る、と高山病になりにいきました!な条件が見事に揃って、息と脈が上がりきって瀕死手前。楽しむ余裕があまりありませんでした…
カールを登りきったところにある宝剣山荘さんで息を整え、ザックをデポさせてもらったら、本日のメインイベント、宝剣岳へ。

[画像:13259cb4-s.jpg]
ガスってしまいましたが、これはこれでボス感が出ていていい雰囲気。
鎖塲がありますが、宝剣山荘からのピストンだけなら、登山に慣れてれば大丈夫との情報通り、怖くはありませんでした。

[画像:5a0779fa-s.jpg]
本日の核心部、トラバース部分。

[画像:cce3fc3d-s.jpg]
狭い岩に降りる最初の一歩目、次の岩に移る二歩目が、唯一ドキッとするところ。
ここを渡れば登頂です。岩が積み重なってるような狭い山頂で、目の前に聳える大きな岩が存在感を放ってました。

[画像:45571021-s.jpg]
大きな岩の裏にある賽銭箱にお金を入れて、宝剣岳の一番高い所に行くべく岩を登ります。

[画像:8bf31e8d-s.jpg]
試行錯誤しつつ岩の上によじ登ると、ちょうど一人が立てる位のスペースがありました。
ここは度胸だめし。腰が引けつつもなんとか立つことができました。しかし、写真を撮るどころか風景を見る余裕も無かったので画像は仲間の写真です。
降りるときも足がなかなか届かずドキドキでしたが、登れて嬉しかった!

[画像:64cedc0e-s.jpg]
山頂からは、たまにガスが晴れて、木曽駒ヶ岳が見えました。

[画像:6206f679-s.jpg]
遊んでたらどんどん人が登ってきて、狭い頂上は大混雑になってきたので下山しました。
振り返ってみても宝剣岳、かっこいいです。

[画像:5b4d8623-s.jpg]
宝剣岳が、満足すぎて自分達のなかで完全に消化試合になった木曽駒ヶ岳。
ザックをデポしたまま出発します。

[画像:f763d3c3-s.jpg]
すぐそこが山頂だと舐めてたら中岳さんでした。

[画像:c5ff3136-s.jpg]
木曽駒ヶ岳は、ここから下って登り返したところ。
お手軽登山のわりに、意外に距離がある。

[画像:cd874529-s.jpg]
頂上直下は色の濃いコマクサが咲いていました。

[画像:03c3cc46-s.jpg]
頂上まで緩やかな登りですが、ついに頭痛も始まり、辛い…。

[画像:2d65e763-s.jpg]
やっとのことで登頂です。
消化試合とか言って舐めててすみませんでした…!

[画像:a150565e-s.jpg]
頂上はとても広いです。人も虫もいっぱい。

[画像:9656c1f6-s.jpg]
祠。

[画像:90596ea7-s.jpg]
奥には神社。
休んでても頭痛がよくなるわけでもないので早々に下山開始です。

[画像:ace7aca3-s.jpg]
帰りは中岳巻き道を利用しました。
解放感溢れる道でした。

[画像:6f9779f1-s.jpg]
ヒメウスユキソウ(エーデルワイス)

[画像:ba426cc5-s.jpg]
下から見上げると中岳もなかなか岩岩しています。

[画像:bfa55d96-s.jpg]
巻き道は最後に岩場がありますが、特に問題はありません。

[画像:fb6b1594-s.jpg]
宝剣山荘に帰ったらバッチ!
オリジナルバッチが可愛らしい♪

[画像:8348f175-s.jpg]
カールを下ってきます。上から見るカールもなかなかの迫力。
登りの登山客も増えてきて渋滞が起きてました。

[画像:3366a530-s.jpg]
遊歩道まで下ると千畳敷カールの標識。
観光客で溢れ帰ってました。
ここには池がありますが、あまり期待するものではないかな…。

[画像:f77d85c7-s.jpg]
カール地形って何度でも目を奪われちゃう不思議な魅力があります。


高山病か体調不良か、身体的には辛い登山となりましたが、雄大なカールと四方に続く稜線は一見の価値ありだと思いました。