群馬の火山、草津白根山に登ってきました。
白根山は火口から1キロ範囲は立ち入り禁止、本白根山山頂へは毒ガスのため登山道がないと、どこをもって登頂になるのか悩みどころですが、百名山の看板がある本白根山展望所をもって登頂とすることにしました。
ルートは富貴原の池コースから清水沢コースへの周回コース。
草津白根山のシンボルである火口湖・湯釜は見れませんでしたが、強烈な硫黄臭と湖、暴風、下山後のワタスゲと、満足の山旅になりました。
(雪山登山の記録はこちらをどうぞ)

<コースタイム>
8:29白根火山ロープウェイ山麓駅=9:20富貴原の池=10:33鏡池=11:08本白根山展望所=11:55白根火山ロープウェイ山頂駅12:20=13:30白根火山ロープウェイ山麓駅
土曜日に天城山に登り、そのまま家に帰らずに健康ランドに泊まって草津白根山へ。
先週の那須の帰りに「日曜日が空いてるし百名山連チャンしちゃおう」とバカな思い付きから始まったこの企画。最近、登山ジャンキーまっしぐらな自分が心配です。

しかし、草津白根山の詳細を調べたら、湯釜は見れないし、登頂もできない。
ロープウェイを使うと周回2時間ちょっとともの足りなさそう。
せめて下から登るかーと若干期待値低めのスタートをきりましたw

P6040928
7時半。ロープウェイ駐車場に向かうと夜間通行止めでした。
あまり早く来ても入れないようです。コンビニまで戻って時間つぶし。

P6040929
戻ってくると規制が解かれていました。ロープウェイ駐車場に車を停めます。
降りると風が強く、ものすごく寒い。山頂は見事にガスの中です。

P6040931
富貴原の池コースの登山口は、車道に出て右に進み、左側。
駐車も禁止されている殺生河原。
名前からして物騒ですが、ここの硫黄臭は今までの経験の中でも断トツに強い。
温泉のにおい~♪なんて生ぬるいものでなく、もはや毒ガスでした。

P6040934
殺生河原は、黄緑色に染まった岩や噴煙が異様な雰囲気を醸し出しています。

P6040935
河原を越えたら、日に焼かれながら笹の中を登っていきます。
ムラサキヤシオが見頃を迎えていました。

P6040938

P6040939
足元にはイワカガミ。

P6040945
一度樹林帯に入りますがすぐに抜け、見晴らしの良い道に。
日を遮るもののない中、もくもくと登っていきます。

P6040948
何度か偽ピークに騙されつつも、登り切ると富貴原の池。かなり広い湖です。
カッコウが鳴いており、森の湖畔のようなのどかな雰囲気。

P6040959
池を越えると、展望のない樹林帯になります。
急坂もありますが、どちらかというと、ふくらはぎに来る微妙な角度の登りが長々と続くのが辛い。
ガスってきたし、新緑もまだだしで、たまに咲いている花が癒しです。

P6040961
ムシカリ。

P6040964

P6040967
シャクナゲ。この透き通った感じの淡い色合いがたまりません!

P6040969
雪が残っている所もありました。トラバースですが足跡をしっかりたどれば問題なし。

P6040973
周回コースとの分岐を鏡池方面に進むと、階段が続きます。
この辺りで天候が崩れ始め、風も強くなってきたので、念のためレインウェアを着ました。
氷が降ってきたと思ったら風で飛ばされた霧氷でした。

P6040974
階段を登り切ると、斜面に取り付けられた木道。
真っ白ですが開放感があって気持ちのよい道です。

P6040983
昔は火口だった「鏡池」に到着。強風で雲が飛ばされ、まさかの快晴!
登山道を覆うハイマツをかき分けながら、ほとりまで下りることができます。

P6040981
池の中には謎の浮遊物が。カエルかなんかの卵だそうです。

P6040978
足元には小さな高山植物、ミネズオウが満開でした。

P6040984
鏡池の周りを登っていきます。
池の底に亀甲模様が見えるそうですが今日は風のため確認できず…。

P6040990
再び樹林帯へ。

P6040991
少し歩くと本白根山展望所が見えました。ここからは木々がなくガレ場になります。

201764草津白根山_170605_0158
道に降り立った瞬間、風の通り道なのか、木がないからか、すさまじい暴風。
朝日の肩なんて比じゃないレベルの強風で、体がもってかれます。
なんどか風でよろめき、登山道脇の樹木で足をぶつける始末。

P6040996
これ本当にやばいんじゃないかと思いつつ、なんとか登頂。
冬山用のグローブが正解だったと思えるほどの強風と寒さなんで、感傷に浸る間もなく下山します。

P6040999
帰りはまさかの階段。
いつ暴風になり、いつ止まるか予想がつかないので、バランスを崩しそうで怖い。

P6041003
暴風によってガスが流れ、本白根山の姿を拝むことができました。

P6041008
中央火口に沿って歩いていきます。写真は振り返って、本白根山展望所。
この辺りはコマクサの群生地のようで、葉っぱがいたるところに見られました。

P6041012
6月に霧氷をみることになるとは…。

P6041013
中央火口を越えるとふたたび樹林帯歩きになります。やっと風から解放されました。
ロープウェイまでの道は、たびたび雪がありますが、スパイク等は必要ありません。

P6041015
ロープウェイ山頂駅までやってきました。標高2000mほどありますが、普通にアスファルト。
と、よく見ると、正面の山肌に四つ足の動物の影が見えます。

P6041016
近づいてみるとカモシカでした。

P6041025
ロープウェイは予想通り、強風のため運転見合わせでした。
人はいませんが施設は解放されています。トイレは水洗かつまさかの温便座。
人の気配がないのに施設は動いているってなんとなくうすら寒い。

P6041026
乗り場には大量のロープウェイが並んでいました。

P6041030
行動食といいつつがっつり菓子パンをかじって下山開始です。
予報通り、すっかり晴れてきて若干悔しい…

P6041035
周回コースと清水沢コースの分岐は前評判通り分かりづらく、GPSで見落としに気付きました。
山沿いのコースは周回ルートに入るため、写真の場所で左に下ります。

P6041039
ここからは、スキーの林間コースかというぐらいにただっ広い斜面を降りていきます。
なかなかな斜度で、日を遮るものもないので、登りは辛そうです。

P6041044
振り返って。だいぶ下ってきました。
清水沢コースは、二度ほど車道とぶつかりますが、横断してロープウェイ駅まで一直線です。

P6041047
駐車場に着いたら、駐車場入り口向かい側にある武具脱の池(もののぐのいけ)へ。

P6041049
ワタスゲが満開でした。

P6041053

201764草津白根山_170605_0134
昨年夏から見てみたいなぁと思っていたワタスゲ。
ウサギのしっぽを思わせるような可愛らしい見た目に大満足です。

201764草津白根山_170605_0177
駐車場に戻り、湯がまソフト(熊笹ソフト)を購入。
熊笹100%らしいですが、完全に抹茶ソフト…美味しかったです。

P6041071
帰りは草津温泉の湯畑へ寄り道。源泉から木道へと温泉が流れていきます。

P6041075
最後は滝になって流れ落ちていました。初めての湯畑観光、面白かったです。


草津白根山は、湯釜こそ見られませんでしたが、ここでしか見れない光景が見られ、期待を裏切り、満足度の高い山行になりました。初夏にはコマクサが見事らしいので、その時期を狙ってもいいかもしれません。