昨年夏、秋と2度登った両神山
ゴールデンウィーク初日、今度はサークルで訪れました。

<コースタイム>
7:07日向大谷口=7:38会所=9:06弘法之井戸=9:37清滝小屋=10:59両神神社=11:16両神山12:44=13:02両神神社=14:06清滝小屋=15:27会所=15:54日向大谷口

P4290003
金曜日の出勤途中。サークルの方から「今日から両神山行くよ」とラインが。えええー…
というわけで、帰宅後10分で支度し、深夜集合、やってきました両神山。
夏に途中撤退した日向大谷コースです。これで、夏、秋(白井差)、春と3度目。

P4290006
両神山荘で駐車(500円) させていただきます。
山荘前ではぽんちゃんがお出迎え。困り眉がかわいい♪

P4290004
山は、麓から鮮やかさを取り戻し始め、時々混じる桜に春の訪れを感じます。

P4290155

P4290015
登山道入り口は梅の花が満開。

P4290018

P4290023
そして、まぶしいばかりの新緑!
車までは軽アイゼンをもってくる程、季節感がずれてたので、思ったより春で驚きました。

P4290019
鳥居をくぐって、今度こそ登頂できますように。

P4290033
最近雪山ばかりだったので、土の道が新鮮です。そして足が軽い!
日向大谷コースは、沢の上部を沢に沿って歩いていくので、ほとんどずっと片側がない道を進むことになります。

P4290035
夏に登った時は薄暗い印象でしたが、今日は日差しが強く明るい印象です。
沢がキラキラしていてきれいでした。

P4290042
何度か沢まで降りて渡ります。沢の水は手がじんじんするほど冷たい。

P4290051
新緑の中を進んでいきます。
会所あたりまではだらだら登りが続き、沢の左側に出ると、いよいよ登りって感じ。

P4290048
コガネネコノメソウがいたるところにはえていました。

P4290052
八海山に到着。
特にピークになっているわけでもないです。後からググったらどうやら岩の名前らしい?

P4290055
少し歩くと滝への分岐。5分なら行けるやんと思ってよく見たら15分でした。
字の消え方に悪意を感じるよ!山頂迄への時間の下には「きつい」と落書きされていました。

P4290059
弘法の井戸。美味しい水でしたので、すでに空になったペットボトルに補給させてもらいます。

P4290061
小屋の近くには、雷か、風で折れたのか、粗々しい木の残骸が。

P4290130
夏は小屋直前の道で、道探しに困った&倒木に苦労しましたが、今は普通に明瞭です。
振り返ると木が切られた残骸があり、ここが苦労した倒木なんでないかと思います。

P4290063
雨宿りの際に、お世話になった清滝小屋はそのままの姿でした。
ここにはとてもきれいな、水洗トイレがあります。

P4290068
ここからは歩いたことがない道。
登山道脇には巨大な岩があり、仲間が掛けられた鎖を登っていました。碑があるそうです。

P4290129
一面にバイケイソウ。花が咲いたらきれいだろうなぁ。

P4290071
鈴が坂。名前がついている坂はだいたい急登。登り切った先行者が見下ろしてます。

P4290072
登り切ると産体尾根にでます。

P4290073
稜線歩きですが、木には阻まれて展望はいまいち。

P4290076
ここからは何度か鎖場があります。

P4290077

P4290079
距離は長めですが、地面が乾いている本日は、鎖を持たなくても普通に登れてしまう程度でした。

P4290084
昔鎖場だったっぽい所は、階段が。揺れるので地味に信用できない階段です。

P4290085
その直後、斜めの一枚岩。こういうところは滑りやすそうでいやらしいね。

P4290090
横岩。巨大な岩の上からは木が生えており立派でした。

P4290092
鎖場の後は急登を登って…

P4290093
両神神社に到着!

P4290094
久々に狛犬(狼)コレクション更新です。会いたかったよ!

P4290095
建物の中も外も、名前がいっぱい落書きされていてある意味異様な光景でした。

P4290097
奥の建物には立派な龍の彫り物。

P4290100
こちらの狛犬はひょうきんな感じでした。

P4290103
開放感がある稜線にでました。山頂まであと少し。

P4290105
ロープ場を越えると、白井差との合流点。
知っている道→知らない道→知っている道となった今回の山行は変な感じ。

P4290106
頂上直下の岩に登って見下ろす。
さすがにここまで新緑はきていませんが、新緑や紅葉のピーク時はさぞ美しいことでしょう。

P4290108
時間と天気の関係か、ガラガラの鎖場をのんびり登って…

P4290113
山頂に到着!って、前回気づきませんでしたが、首のない石像が…!

P4290121
とにかく日向大谷コースリベンジ達成です!
下から連れてきたこいのぼりさんも一緒に撮影。
P4290125
頂上はせまくて込むので、八丁峠方面に少し下った岩場で昼食。
なかなかの絶景で、うっかり後ろに転んだら命を落としてしまうので注意。

P4290124
今日は仲間のお勧め、お湯を入れて混ぜるだけでカレーが食べれるという「カレーメシ」
できあがりが不安でしたが、本気でうまい!とろけるチーズも加えて最高でした。
味も3種類あるそうで、箱買いしてリピートし続けられそうな完成度です。

P4290131
昼食を堪能したら下山開始。小屋からの下りがなかなか長い。

P4290140
新緑が出てきました。だいぶ下ってきたはず。

P4290146
サクラも出てきていよいよ序盤。
他の山だと、登山口が近づくと車や電車の音が聞こえるけど、ここは何も聞こえません。

P4290150
鳥居を越えると民家が見えて、いきなり現実世界に戻されます。
今日はずいぶん長い間、山にいた気がします。

百名山ハンター両神山編_170430_0001
夜は前回が羊なので今回は馬!埼玉まで行き、馬刺しで今回の旅は〆ました。
おなかペコペコで肉ばかりの打ち上げでした。

来週はいよいよ5連休。今年は山にささげたいと思います!