雪山入門と言われる黒斑山(2404m)に登ってきました。
標高2000m越えに関わらず、標高差は430mで往復3時間と、お手軽な山です。
体力と時間に余裕があったので、ついでにお隣の蛇骨岳(2366m)まで足を延ばしました。

<コースタイム>
9:54車坂峠=1:06槍ヶ鞘=11:17トーミの頭=11:34黒斑山=12:13蛇骨岳12:56=13:35黒斑山=13:50トーミの頭=14:06槍ヶ鞘=14:51車坂峠
P2260002
軽井沢で過ごした翌日、黒斑山に登ることにしました。まずはしなの鉄道で小諸駅へ。
駅前には浅間登山口の標識があり、その上部には不気味なゆるキャラが付いています。
しかし、ここから徒歩で浅間山に登る人はいるのだろうか……

小諸からは8時50分のJRバスに乗り換え。
都内からの場合は新幹線で佐久平まで行って乗り換えれば日帰り登山できます。

P2260081
約40分ほどで高峰高原ホテル前バス停に到着。目の前が車坂峠です。
警戒レベルは2ですが今日は黒斑山なので問題なし。

P2260004
開始が標高2000mなので最初から雪道。
登山口で6本軽アイゼンを装着して表コースへ出発。

P2260005
雪だるま(熊)がお出迎え。

P2260008
一度下る。雪はしっかりしまっており、軽アイゼンでも十分に安定しました。

P2260010
青空と雪って本当に素晴らしいね!

P2260011
開始から30分もしないうちに尾根歩きになります。

P2260012
振り返るとこの展望。

P2260013
丹沢表尾根やら西丹沢よりよっぽど人が歩いてるんじゃないだろうか。
トレースが非常にしっかりしていました。

P2260014
「開けたガレ場」という名称の通過点。雪があるのでガレ場という感じがしない。

P2260015
開けたガレ場からの光景。降雪している山がきれい。

P2260016
風もなく暑いぐらいですが、しっかり氷柱もできる温度みたいです。

P2260017
こういう低木の中を進む道は好き。

P2260019
雪のおかげで段差はないけど、気持ちよくてぐいぐい登っちゃうから結局息が上がります。

P2260020
浅間山とご対面。待望のしましまプリンです!山頂からは煙がもくもく。

P2260022
避難シェルターは雪がこんもりしてカマボコ。

P2260028
表コースの目玉と思われる槍ヶ鞘。目の前に浅間山がドーン!

P2260029
そして、その横にはトーミの頭までの登り。あそこを登るのか…。

P2260032
一旦下って中コースとの合流点。
中コースは樹林帯を進むコースで下山によく使われるコースらしい。

P2260033
登山道右手、牙山方面。

P2260034
登りきったらトーミの頭。

P2260039
人がいっぱいです。大人気!

P2260076
カルデラの縁にあたる外輪山が一望できます。
ここからはこの浅間山の周りをぐるっと回る尾根道を進むことに。
あまりの険しそうな光景にビビりましたが、道は樹林帯の中を通るので安心安全です。

P2260041
無事に黒斑山に到着。ここで帰るのはもったいないと蛇骨山へ。

P2260044
木の間を抜けていきます。晴天続きで流石にスノーモンスターは見当たらない。

P2260045
しかし、ある意味スノーモンスターを発見!

P2260047
外輪の内側寄りをトラバースする箇所も。細い箇所もあるので慎重に。

P2260048
霧氷だー!

P2260049
浅間山は何度見ても飽きない。

P2260051
樹林帯に入ったり出たり。

P2260052
何度かあるトラバース道に、この先は険しいのかしらと不安になってきましたが、すれ違ったご夫婦に「あと少し」と励まされました。

P2260056
最後は木々の中を強引に突っ切っていくトレース。

P2260057
蛇骨岳に到着。

P2260069
ここからは外輪の外側が見えます。観覧車も見えてびっくり。

P2260061
蛇骨岳頂上標よりあきらかに標高を上げて先に進むと撮影ポイント。
先週衝動買いしたメイちゃん、登山デビューです。

P2260059
浅間山のアップ。この模様が個性的でいいよね。

P2260064
今まで来た方向を振り返って。カルデラ壁がまた素晴らしい。

P2260071
外輪山はもう少し続きますが、登り返す気力がないので今日はここまで。
と、蛇骨山に戻ると行きのバスで一緒だったおじさまと再会。一緒に下りることに。

P2260074
行き程怖くないものの、カルデラを覗くとやっぱり高度感があります。

P2260077
黒斑山で帰る人も多いようで、自分が帰るころにはトーミの頭も無人。
おじさまと山話をしつつピストンで下山。楽しい山行でした。

P2260082
3時ごろ、無事に下山。山の神様ありがとうございました。

P2260086
高峰高原ホテルで外来入浴。露天はないですが雪景色を眺めながらのんびりできます。
バスの時間までしばらくあるのでブルーベリーケーキを頂きました。

16時19分再びバスへ。
新宿まで直行3000円と素敵なバスですが、荷物を軽井沢に預けてるので小諸で下車。
おじさまとはここでお別れ。大変お世話になりました。赤福餅もごちそうさまでした!

P2260089
帰りは北陸新幹線。
せっかくだから猛プッシュされている峠の釜飯買ったけど(質量的に)重いねこれ!


そんなこんなで雪山デビューでした。展望と言い、軽アイゼンで登れる程度の傾斜と言い素晴らしい山です。
そして、さすがに標高2000mを超えるので、今までの夏と同じ格好+ユニ●ロのフリースではだめだと、厚めのアンダーやらシャツを買いましたが、マイナス8度にも関わらず超快適でした。山用の服はすごい!