標高2000mの大地に広がる高原、美ヶ原にいきました。
日本百名山ですが、美ヶ原最高峰の王ノ頭が2034m、ビーナスラインを上がった登山口が1940mと、標高差100m以下のゆるゆる登山です。

<コースタイム>
11:36山本小屋=12:30烏帽子岩=12:48美ヶ原13:07=14:32美しの塔=14:46山本小屋

サークルでの登山8回目。
エアコンで有名な霧 ヶ峰に行く予定でしたが、同行者のお勧めもあって近くの美ヶ原へ。

PB200315
紅葉もだいぶ下の方まで進んできたようで、紅葉を眺めながらのドライブでした。
写真は八ヶ岳インターより。かっこいい山容です。

PB200318
東京より約4時間、ビーナスラインを通って登山口に到着。
360度、どこまでも広がる高原の中、舗装路を歩きます。
夏は牛が放牧されてるそうですが、今日は全くの無人(無牛?)でした。

PB200319
美しの塔と山頂。奥に見える山頂の魔法都市感がやばい。FFだ…。

PB200322
せっかく来たので頂上まで最短コースでなく、アルプス展望ルートを通ります。
コース上のトイレの表示が牛ちゃんでかわいい。

PB200329
眼下に広がる山並み。

PB200334
奥では、山々が満々と雲を湛えています。

PB200337
こちらのコースはハイキングらしい道です。
稜線とはまた違う気がしますが、この開放感のある道は素晴らしい。

PB200338
烏帽子岩。危険と書いてあったので素直に遠巻きに眺めます。

PB200342
山頂付近は平たい岩が多く、ケルンも独特の味わいがありました。

PB200343
基本平行移動の美ヶ原。これが本日一番の急登!標高差100mはだてじゃない。

PB200344
今までぐるっと歩いてきたところが見えます。

PB200345
あっという間に美ヶ原最高峰の王ノ頭。

PB200346
山頂からの展望。

PB200348
天狗様?が祀られていました。

PB200349
反対側の光景。ため息がでる雲海の美しさ。

PB200353
ふと振り返ると電波塔が乱立してて別の意味で非現実的です。

PB200358
そのまま王ノ頭ホテルで休憩。内装が山荘じゃなく完全にホテル。トイレも水洗です。

PB200356
何故か200円に値下げされてたソフトクリーム。
観光地かつ山頂で200円はなかなかの破格ではなかろうか。

PB200359
帰りは最短コースを歩きます。
14時ですが、枯れ草、傾く陽と寂寥感が半端ない。牛どころか人間もいない。

PB200370
雲が出てきて要塞っぽくなってきた山頂。

PB200376
あっという間に本日の山旅は終了。
せっかくなのでビーナスラインをとおって霧 ヶ峰の横を通ります。
草紅葉がいい感じにきれいでした。

PB200379
諏訪湖。鳥居が見えます。


歩行時間より移動時間の方がはるかに長かった山旅。
天空に広がる晩秋の高原は、なんというか生物の気配がなく、時間が止まったかのような寂寥感が冬の訪れを知らせているようでした。