名前がかっこいい秩父の山、武甲山(1304m)。
一目見れば分かるほど独特な山容をしているこの山は、今でも石灰の採掘が進み、日々姿を変えているそうです。

近くには芝桜で有名な羊山公園があり、横瀬駅→武甲山→浦安口駅→御花畑駅→羊山公園→西武秩父駅と、徒歩&電車で上手いこと繋げそう。ということで山と芝桜、二度美味しいプランを計画しました。

【コースタイム】
07:24横瀬=08:41一の鳥居(武甲登山道入口)=09:06不動滝=09:33大杉の広場=10:19シラジクボとの分岐=10:22武甲山10:54=10:58シラジクボとの分岐=11:11シラジクボ=11:34シラジクボとの分岐=11:57長者屋敷の頭=12:30橋立林道終点=13:11橋立鍾乳洞=13:18浦山口駅
※斜字歩は道を間違えた部分。
世間には金より時という考えがありますが、お金も大事だと思う私。
駅から登山口までのバスが無いと、アクセスにやや難ありの武甲山ですが、タクシーに頼らず徒歩で向かうことにしました。

始発で横瀬駅へ向かい、到着したのは7時20分。山頂のトイレは使えないことがあるので、実質ラストトイレです。
また、駅近のコンビニは潰れているので、食料と飲料水の準備は事前に済ませましょう。

P4231853
駅を出て右、線路沿いに歩くと案内板がありす。

P4231854
なぜか二宮金次郎…。
しばらく一般道を歩きます。6キロぐらいでしょうか。言葉の通りしばらくです。

P4231859

P4231864
途中、石灰工場地帯を抜けます。FFの世界みたい!
休日で人の気配はないですが、稼働はしているようで機械の音が響いていました。
道は石灰のせいで白くなっており、これまた異様な雰囲気。たまに超大型作業車が自分のすぐ側を通るためスリリングです。平日は作業車の往来が多く、注意が必要な道だそうです。

工場地帯を抜けても舗装路歩きは続きます。
そろそろ出発から一時間。登山客を乗せたタクシーが恨めしいです。
登山口から引き返してきたタクシーを止めたいという、自分の弱い心との戦いです。

P4231866
そんな葛藤の果て、延命水と書かれた水場がありました。
これを飲んだら長生き間違いなしです!
タクシーに乗ってたらまず寄らない(気付かない)水場。これで歩いてきたことが報われるってもんですね!!

P4231867
出発から1時間20分程で登山口である一の鳥居に到着です。狼さんがお出迎え。
もう二度と歩きでは来ません。

P4231869
クマが出るらしい。「クマ注意」でなく「クマへのお願い」なのが面白い。

P4231870
最初は林道歩きです。

P4231873
秩父イナワの飼育場がありました。

P4231877
曇り時々晴れ予報でしたが辺りは霧が立ち込め、蜘蛛の巣が水滴を纏っています。

P4231878
不動滝に到着。水場になっています。
トイレの水をボッカしてほしいというお願いと共に、現在は使えないとの表示が…。

展望はなく、杉林が続きます。
大山と同じように、「○丁目」と目安となる石碑が所々に立っていますが、なぜか山頂が28丁目だと思い込んでいた自分。
なかなか着かない山頂に「38だっけ?」「あれ?48?」と困惑。
正しくは52丁目です。何も合っていない。

P4231881
霧が濃くなっていきます。同じ光景が続くなぁ。

P4231883
大杉の広場という場所に出ました。
ここまでくると山頂まであと60分らしい。
山頂直下は道に岩が混じり始めたり、傾斜が付いてきたりして、最後の一頑張りって感じです。

P4231882P4231884
ところどころにお地蔵様。

P4231888
10時24分、御岳神社に到着。
ここを奥に進み、第一展望台へ。

P4231895
武甲山登頂!

P4231891
ガスが酷く展望を全く期待していなかったのですが、まさかの雲海が広がっており感動でした。

P4231898
お昼を食べたら下山開始です。
帰りはピストンでなく浦安口駅の方へ。
なぜか分岐を見落としシラジクボまで下りてしまい、急坂を登り直すはめになるというプチ事件がありましたが、気にしちゃいけません。

P4231903
樹林帯を下っていると発破の時の退避所がありました。退避できるのか疑問です。

P4231905
長者屋敷の頭を越えると、ほんの少しですが稜線歩き。
再び樹林帯に入ったら、麓の川までつづら折りで下っていきます。

P4231910
しばらく黙々と下り川に到着。

P4231911
ここからは駅まで林道歩きになります。
木々の間からは山々や空を見ることができますが、山々に囲まれており、人通りもほぼないいこの道。
幼い頃の夏休み、人どころかネコや鳥の姿さえなく、果てしなく田んぼが広がる中に自分一人が取り残された気分になったあの感覚が蘇ります。

P4231915
13時、茶屋に到着。
ずいぶん久々に人に会ったような気がして涙が出そう。
ソフトクリームは350円で濃厚なバニラ味。コーヒーはサービスということで、のんびり休憩しました。

P4231916
近くには公衆トイレと鍾乳洞も。

ここまでこれば浦山口駅もすぐそこ。
Suicaが使えないので、昔ながらのボタン式の券売機で切符を購入。駅のベンチで40分ほど居眠りして電車を待ちました。

P4231918
第2のお楽しみ・芝桜のために、御花畑駅改め芝桜駅で下車。
羊山公園までは市街地を歩きますが、要所要所に立て看板があり迷うことはないです。

P4231921
公園入り口には羊とこいのぼり。
300円を支払って入園します。登山をしてきて空腹なので、花より団子とばかりに、まずは物産市と屋台へ。

P4231929
秩父名物のみそポテトはじゃがいもの天ぷらに甘い味噌をつけたものでおいしい!
後は桜寿司を頂きました。

そしてお目当ての芝桜。ほぼ満開。9種類の芝桜が美しい模様を織りなしていました。

P4231926

P4231939

P4231937
こちらは、一番お気に入りの「多摩の流れ」という品種。

P4231936
芝桜の奥に、朝はガスって見られなかった武甲山の姿も見ることができました。
やっぱりかっこいい。登って来たから余計にかっこいい。

芝桜と武甲山の姿を堪能したら、西部秩父駅まで15分ほど歩いて本日の旅は終了です。
武甲山登山と芝桜鑑賞を合わせたことで、かなり満足度の高い山旅になりました。