丹沢・大山スタンプラリー2016が始まったので、勢いで丹沢山(1567m)に挑戦しました。
丹沢山そのものは、ぱっとしませんが、塔ノ岳から丹沢山(そして蛭が岳)に続く稜線は何よりすばらしい!「丹沢」と聞くと、この稜線の景色を思い浮かべる人が多いんじゃないかと思います。
また、人通りも多く道も整備されているので、長距離に挑戦したいと思った時の最初の目標として、おすすめの山です。

その他、
★丹沢山を通る記録一覧

★塔ノ岳を通る記録一覧
【コースタイム】
7:23大倉バス停=07:28大倉山の家=07:45観音茶屋=08:00雑事場ノ平=08:06見晴茶屋=08:45駒止茶屋=08:56堀山=09:03堀山の家=09:24天神尾根分岐=09:46花立山荘=09:59花立=10:04金冷シ=10:09塔ノ岳10:27=11:02日高=11:21竜ヶ馬場=11:39丹沢山12:15=13:30花立山荘13:45=15:00観音茶屋=15:10大倉バス停

表尾根を歩き、次なる目標として挙がった丹沢山。
書籍なんかでは一泊で紹介されることが多いですが、ネットで調べると初心者でもどうにか日帰りできそう。調べれば調べるほど「行きたい」という衝動が抑えられなくなりました。
しかし『山をなめるな』という言葉があります。
そこで①11時に塔ノ岳に着かなければその先には進まない、②12時半になったら引き返すというルールを立て、挑戦することにしました。


7時。丹沢の朝は早い。
休日の早朝にも関わらず渋沢駅前のバス停は大混雑。立乗りで大倉に向かいます。
立乗りでもヤビツ峠への道のりと比べたらなんてことありません。
終点大倉で下車。どんぐりハウスでスタンプラリーのカードを購入したら7時半、登山開始です。
観音茶屋、見晴茶屋までは、樹林帯の中、緩やかな登りが続きます。

P4091761
見晴茶屋を越えると、開放感のある尾根道に出ます。
気持ちがいいですが、いよいよ登り一本勝負、大倉尾根の本領発揮です。

P4091762
サクラの花が咲き始めていました。

茶屋奥の急登をぐっと登った後は、地味に辛い傾斜が続きます。
駒留茶屋に着くころにはバテ始める私。外のベンチでおにぎりを食べて少々休憩しました。

P4091763
登るにつれ少しずつ展望もよくなってきます。左手には富士山の頂も。
4月ですが木々はまだ寒々しく、山では春が始まったばかり。

岩だらけの道、木道、各種階段とバリエーション豊かな道が続きます。
いくらバリエーションが豊かといっても、ずっと登りですが。
初心者の自分にはつらいもんで、100歩進んでは10秒立ち止まる、と休み休み登ります。
あまりにバテバテで塔ノ岳か鍋割山で諦めようと何度思ったことか。

P4091764
辛すぎて無心になりますが、登り一辺倒なだけあって振り返った時の展望は最高です。
たまに振り返りつつ、気力を養っていきましょう。
なんたって、花立山荘前には地獄の階段が待っていますから…。

その階段を登り切ると花立山荘。
この山荘は、気候によっておすすめが変わるのですが、納得のかき氷でした。

P4091767
ここまでこれば塔ノ岳はすぐそこ。
まだまだ登りますが、今までの長い登りと比べると、展望もいいし、痩せ尾根やガレ場もあったりと、道に変化があるのでだいぶ気が楽になります。

P4091770
10時半。目標より30分早い、3時間で塔ノ岳に到着です。

P4091774
初めて富士山側の山並みが見えました。
今まで2回とも、ガスで何も見えなかったので、富士山は見えずとも嬉しい。

P4091775
尊仏山荘の左から丹沢山へ。
観光地なみに賑やかな大倉尾根&塔ノ岳山頂。
塔ノ岳で引き返す人が多いのか、分岐を越えると人通りは一気に減り、静かな稜線歩きになります。

P4091776
熊笹が茂り、大倉尾根とはまたちがう雰囲気の稜線です。
縦走なのでまずは標高を落とします。塔ノ岳から面白いほど下る。

P4091779
なんだか荒れた印象を受ける、下り切ったところ。
下った分、ここから登り返しですが、一瞬、貧血のようなくらくら感。
さすがに初心者に大休憩なしはまずかったか。道端で15分程休憩です。

P4091780
日高にて、愛知から来たという3人パーティーに出会う。
出身地が近いこともあって、親近感も湧き、この後、抜きつ抜かれつ丹沢山まで一緒でした。

P4091784
ずっと丹沢の山並みを見下ろしながらの稜線歩きになります。本当に美しい。

P4091783
青い空に雲がグラデーションのようにかかっていて開放感抜群でした。
熊笹の中を走る一本の道が、絵本みたいな雰囲気で大好きです。

一方で、体力も足の痛みもじわじわと限界に向かっています。
上記写真中央のピークを丹沢山だと思ったらそんなに甘くなかった。
ネットでは「程よいアップダウン♪」とか言われてますが、初心者にとっては辛いアップダウン…。

P4091785
竜ケ馬場。登山道右手側、市街地の展望に優れる休憩スポットです。
ベンチがあるので腰掛けて休憩。日差しも温かく、もうこのままここで寝たい

しかし、ここまで来たらあと少し。必死に登ります。
死にそうな顔をしてたのか、すれ違う方が「がんばれ」「あと少し」と、励ましの言葉を掛けてくださいました。

P4091787
11時40分。ついに目標の丹沢山に到着!
塔ノ岳より70分でした。地図では100分ですが、事前に聞いた通り、ゆっくり歩いてもそんなには掛からないと思います。ここまで大倉より合計4時間10分。

目標コースは達成したので、のんびりお昼休憩です。
先ほどの3人パーティーの方が、ビールとおつまみを差し入れてくれました。
登山って見知らぬ人との関わりが本当に楽しい。お返しできないのがもどかしいですが。

P4091792
12時15分。丹沢山に別れを告げ、来た道を戻ります。

P4091793
塔ノ岳が見えてきました。
あっという間にガスが蔓延し、塔ノ岳の左半分はガスに覆われてしまいました。

P4091795
ガスに突っ込んでいくと、案の定視界は真っ白。さっきまで青空だったのに。
つらいつらい塔ノ岳への登り返しを終えたら、本日の登りは終了です。

13時30分には、花立山荘さんで恒例のお汁粉休憩。
お腹も膨れたら安心し、もはや一刻も早く帰りたくなってどんどん下りました。

P4091799P4091800P4091802
麓に使づくにつれ、花が見られるように。

P4091804
3時、観音茶屋にて牛乳プリン(150円)。
よそ様のブログで見かけて気になっていた、丹沢名物。
プリンというよりは牛乳寒天。キウイとイチゴとパイン入りでした。
甘いだけでなく塩が効いており、疲れた体を癒してくれます。
牛乳寒天を愛してる自分としては、リピート決定。

P4091807P4091808

P4091805P4091809
麓はすっかり春でした。

P4091811
3時半。大倉に下山するとチューリップが満開!

P4091810
変わった形のチューリップもありました。


丹沢ピストン。下りは3時間15分、全行程約8時間でした。
今回の山旅は自分の力を出し切ったように思います。達成感や充実感がすごい。
6時間内の日帰り登山に物足りなくなったらぜひおすすめしたいルートです。

→6月に登った2回目の丹沢山ピストン