穂々散歩

里山からアルプス縦走まで、山行記録を綴っています。

2018.11.24 見量山・十二ヶ岳 ぎふ百山はしご旅、静かな松山と北ア一望の山


たまには山飯をしようということで、1時間で登れる岐阜の山を2つ登ってきました。

見量山は入山禁止期間のある山で、登山者を歓迎してない感じの山。
一方の十二ヶ岳は、その手軽さにも関わらず、折立から槍穂高、乗鞍と北アルプスを一望できるアルプス好きにはたまらない山でした。
<コースタイム>
【見量山】8:30登山口=9:20山頂=10:00登山口
【十二ヶ岳】11:30登山口=12:25山頂
続きを読む

2018.11.11 能郷白山(能郷コース) 開山1300年、苺の看板を見に行った旅 


2018年も終わりに近づく11月、能郷白山に行ってきました。
日本で最初にノウゴウイチゴが発見されたということで、苺が描かれた山頂標識がある山です。

今回は長めの能郷コースからアクセス。
開けた尾根歩きに久々の秋晴れが合わさり、気持ちのよい山行となりました。
<コースタイム>
7:40ゲート=8:37登山口=9:18旧登山口=11:41能郷白山12:41=15:02登山口=15:45ゲート 
続きを読む

2018.11.4 三周ヶ岳 紅葉に癒され、藪に心折られる旅


龍神伝説が残る夜叉ヶ池。そのお隣にある三周ヶ岳に行っていました。
山頂にある夜叉ヶ池までは紅葉が見事なハイキングコースですが、その先には藪こぎが待っていました。
<コースタイム>
8:10登山口=9:30夜叉ヶ池=11:00三周ヶ岳11:30=14:30登山口
続きを読む

2018.10.28 人形山(中根ルート) 悲しい伝説が残る岐阜の山


人形山(1726m)に登ってきました。
春に見られる特徴的な雪形には、「ある冬の夜、母の病を治す為に幼い姉妹が山頂の権現堂にお参りに向かったが、命を落としてしまった。春になると山の斜面に姉妹が手をつないでいる雪型が浮かび、それでこの山を人型山と呼ぶようになった。」と、伝説が残っています。
そんな人形山、地元に大切にされてるようで、登山道は非常によく整備されています。
しかし平成30年度は、登山口に辿り着くまでが核心部と別の意味で個性的な山行になりました。

<コースタイム>
9:00中根登山口=10:35宮屋敷跡=12:00人形山12:20=15:12中根登山口
続きを読む

2018.10.18 西穂高岳 初めての穂高連峰へ


北ア憧れの稜線、槍穂高。
今シーズン、予定が尽く雨で流れてしまったので、少しだけでもということで、冬が訪れるギリギリのタイミングで西穂高に行ってきました。
ロープウェイで気軽にアクセス、独標からは次々と岩峰を越えていく楽しい岩稜歩きでした。

<コースタイム>
9:15新穂高RW西穂高口=10:20西穂高山荘=11:27独標=12:42西穂高岳13:00=15:00西穂高山荘15:15=16:10西穂高口
続きを読む

2018.10.11 金華山(岩戸公園周回) 岐阜のシンボルで台湾リスと交流


岐阜市民に愛されている山、金華山を散歩してきました。
コースは岩戸公園からの周回コース(鼻高~東坂)。
うっかり登山記よりリス村がメインになってますがそれも金華山らしいってことで。

続きを読む

2018.10.8 三方崩山 崩落地を眺めながら細く続く尾根を辿る 


白山国立公園に属する山、三方崩山(2058m)に登ってきました。
名前の通り、山頂から三方向に崩落地が広がる個性的な山です。
崩落地を回り込むように続く尾根歩きは解放感抜群、ちょっとしたスリルも楽しめます。

<コースタイム>
7:35登山口=9:04四等三角点(樹林帯)=10:30四等三角点(稜線)=11:50山頂12:53=15:33登山口
続きを読む

2018.9.24 乗鞍岳 最も手軽に登れる3000m峰


23峰もの頂をもち、広大な裾野が広がる乗鞍岳(3026m)。
日本で19番目に高い山にも関わらず、公式でも「ルンルン登山」とか書かれちゃうぐらいお手軽な山に行ってきました。

<コースタイム>
12:11畳平=12:38富士見岳=12:50肩の小屋13:20=13:42剣ヶ峰=15:00畳平続きを読む

2018.9.16-17 鳳凰三山(青木鉱泉周回)② 白く輝く稜線と長い長い下り道


二日目、鳳凰小屋~観音岳~薬師岳~中道です。
一日目、ドンドコ沢~地蔵岳~鳳凰小屋はこちら↓

続きを読む

2018.9.16-17 鳳凰三山(青木鉱泉より) ドンドコ沢を辿り4つの名瀑を巡る


花崗岩による白く華やかな稜線が広がる鳳凰山に登ってきました。
どこを鳳凰山とするかは諸説ありますが、オベリスクの地蔵岳、最高峰の観音岳、砂地広がる薬師岳と、3つを合わせて鳳凰三山と呼ばれているので、全部登っておけば間違いない。
そんなわけで、マイカーでアクセスできる青木鉱泉からの左回りで周回してきました。

こちらは一日目、青木鉱泉~地蔵岳~鳳凰小屋の記録になります。

<コースタイム>
●一日目
8:00青木鉱泉=9:59南精進ヶ滝=10:56鳳凰の滝=12:20白糸の滝(昼休憩)=13:31五色滝=14:45鳳凰小屋15:45=16:42地蔵岳17:37=18:10鳳凰小屋(泊)
●二日目
5:56鳳凰小屋=7:26観音岳7:50=8:16薬師岳=11:33中道登山道入口=12:20青木鉱泉
続きを読む
記事検索
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

管理人の椎です。夢は百名山制覇、目標はジャンダルム。
登山歴4年目、山のことばかり考えています。