穂々散歩

里山からアルプス縦走まで、山行記録を綴っています。

三泊四日香港旅行 一日目 上海乗り換えで香港へ


今年のお盆は香港に行きました。
安さをとって、直通せずに上海乗り替え。

一日目。成田空港で3人で2000円程中国元に両替し、飛行機に。今回利用するのは中国東方航空。時間通りに出発した実績が50%とか聞きましたが、一便目から遅れました…。
飛行機に乗り込むと、乗車前のムービーが流れます。それも4カ国語で 4回。ムービーがリピートする度にまだ出発しないのか、とため息。
日本発ですが乗務員さんは日本語が通じません。海外に行くんだなーと実感です。

しばらくして、ピーナッツが配られました。機内食は出ないのかなと思ったら直後に機内食。なぜ…。

機内食は、肉のご飯か魚の麺が選べます。フィッシュヌードルは
P8100040

何とも言えない味でした…。

上海に到着。出国する時間はないので入国審査せずに乗り替え用の薄暗い道を通り抜けます。ここの金属探知機、ズボンの金具レベルで反応するのでひっかかる人続出。空港の人イライラ。

上海空港。独特なデザインです。
P8100042

4時間の待ちなのでホットチョコレートを飲んでぐだぐだしました。そしてまたまた搭乗開始が遅れる。バスに乗って飛行機に。
P8100048

次の機内食は肉の麺と魚のご飯。肉はパスタ。魚は鰻ご飯でした。
食事中にジャイアントコーンみたいなアイスが配られる。ネスレですが、なんか粉っぽい……
P8100053

香港空港に到着したら両替。レートはよろしくない。町でやったほうが良いんでしょうけど時間節約。
ついでにオクトパスカードを購入して準備完了です。
オリエンタルランダーホテルまではA21番バスに乗ってメトロパークホテルで下車。
普通のバスと2階建てバスがあるので一本見送って二階建てバスに。一番前に座れて大興奮。wifiも安定。電光掲示板もあるので、降りる場所も分かりやく安心です。

オリエンタルランダーホテル。ロビーは綺麗で良い香りがします。
P8100063

部屋は聞いてた通り狭い!というか3人で泊まってダブルベッド1とシングル1で苦笑でした。シャワーもとことん省スペースなうえ、トイレとの境はカーテン1枚なので落ち着けません。
寝るだけだし、清潔さはあるので良いんですけどね。

せっかくなのでホテルの近くを散策。
金魚街。10時近かったのですが1件だけ覗けました。
P8100067

女人街。
P8100073


P8100074

服とか靴とか鞄とか可愛らしいUSBがたくさんありました。通路は人で溢れ、両側には高さ4メートルはあるんじゃないかと思われるお店が並んでいるので結構圧倒されます。そして値札はなく交渉。

ちなみに、香港の信号は、音が鳴るのですが結構音が大きく、音楽とかじゃなくピーピーと耳につく電子音で、しかも信号が変わりそうになると速さを変えて急かしてくるので、至るところでピーピー鳴ってて、落ち着けないなぁと思った一日目でした。

②に続く。

二泊三日台湾旅行 三日目 朝市~帰国


帰国日。11時に迎えが来るので朝の台北を散歩しました。
P3300321
バイクの量が異常。

P3300325
気になってた謎の階段を下りてみました。
表示がしてあるから入っちゃ駄目なのかと思っていたのですが、只の地下道でした。まずは雙連朝市に。

P3300332

P3300334
朝から賑やかです。果物、海産物、洋服、屋台、お土産屋さんとなんでも揃っています。

P3300336
肉まんと野菜まんを注文。野菜の方、キャベツしか入ってない!大根餅は一口サイズにカットして、ビニール袋に大量に入れてくれました。屋台飯は本当に安くて美味しい!

P3300341
ついでにその辺のお店を散策。パン屋さんがたくさんありました。

最期に、活気がないからお休みなんじゃないかと言いながら晴光市場に突入。
P3300348
結果としてやってたんですが、人通りなくて本当に怖い。お店の人も心なしか怒ってる気がして怖い。
今回の旅行で一番怖かったです……。

そんなこんなで台湾旅行もおしまい。初の自由行動でドキドキでしたが、充実した3日でした。

P3300356
ちなみに、帰りの飛行機も遅れ、しばらく空港で待つことに。機内食は魚でした。

二泊三日台湾旅行 二日目 龍山寺~猴硐~九份


台湾旅行2日目。
朝市がやってるかと思い、晴光市場に向かいましたが、人通りがない……。
ということで、再び美食街に。昨日と屋台が変わっていました。P3290136
とても親切なおばちゃん。
焼き小籠包5個40$ととネギ餅25$を注文。本当にご飯が安いですね~

朝から元気に、龍山寺(ロンサンスー)に向かいます。
P3290147

P3290154
たくさんの方が途切れることなくお経を読んでいます。私語をするのが憚られる、
神聖な雰囲気……。粛々とした気持ちで、各神様にお線香を供えてまわりました。
ガイドブックで取り上げられているおみくじですが、ホテルにガイドを置いてきてしまい
やり方が分からず……。記憶を頼りにやってみましたが、全然やり方が違いました^^;

台北駅まで戻り、迪化街まで歩きます。
昔ながらの商店街という感じで、珍味やお茶が並びます。あんなに試食を食べないように
していたのに、馴染みやすい雰囲気に警戒が薄れ、ドライフルーツやお茶を試食しまくる。
縁結びで有名らしい霞海城隍廟がありましたが、こちらはにぎやかな雰囲気。
龍山寺を見た後なので、なんか違う……と軽く流してしまいました^^;

P3290161
一番気に入ったのが、このお店!お花のお茶が本当にかわいいです。店員さんも
愛想がよく、日本語が通じないながらも、一生懸命質問に応じてくれました。
フルーツのお茶が甘くて美味しかったです。

カフェや雑貨が増え、おしゃれエリアになってきているとガイドにありましたが、
そんな気はしなかった……。
ただ、台湾らしいものがたくさん見れて大満足です。

迪化街の端っこまで行ったらタクシーで台北駅に。タクシーが本当に安いです。
次は、MRTではなく、台湾鉄道の方です。日本の古めの駅と似た雰囲気。
P3290165
祝日らしく、若い方々が踊って歌っていました。

そして、切符の購入に迷いまくる。どの路線に乗ればいいのかで悩み、券売機で悩み。
P3290168
無事購入!台鐵便當(駅弁)を購入し、ホームへ行きます。
「早く食べたいねー」と期待が膨らみますが、来た電車を見て固まる。
席が横のタイプだ!お弁当食べれないじゃん!

でも、周りを見ると普通に食べてました。台湾凄い。それではいただきます!
P3290167
巨大なお肉!昨日のチキンにもあった独特な甘い香りがほんのりしますが、こちらの方が食べなれている味。
そしてコンビニで見かけてずっと気になってた煮卵!この煮卵が濃厚でおいしい。おかわりしたいぐらい。

台北から猴硐までは乗り換えなしで一本。
郊外に向かう穏やかな旅。眠る友人。猴硐に着くまでまでしばらく休憩です。

しばらくして到着。
P3290174
猫村と言われるだけあって、猫のオブジェやイラストが至るところにあります。

P3290176
駅を出たところの売店。猫の形のパイナップルケーキも可愛いけど、なによりおばちゃんが可愛い!

P3290180
そのまままっすぐ行くと廃鉱となった炭鉱があります。この辺で気分があがりまくる。
ガイドブックに情報がほとんどなく、行ってみて大したことなかったらどうしようと
悩みましたが行ってよかった!!


P3290191
薄暗い階段を進むと橋の上にでます。足元にはトロッコの線路が敷かれており、
隙間から川が見えます。川も綺麗でなかなかの絶景です。

P3290190
橋を渡りきるとトンネルが。覗こうとしたら、怒られました。
写真のトロッコに乗ると入れるらしい。料金は分かるものの、中がどうなっているのか
所要時間がどのくらいなのか全くわからない……。
この辺りで気づく。ここ、日本語が全く通じない。英語も怪しいかもしんない。

トロッコは諦めて駅側に戻ります。
P3290201
いたる所にねこ!お店の中にもねこ!

P3290220
すごくかわいい。人にも慣れているようで、撫でてあげている観光客も。

P3290225
あまりにも暑いのでマンゴーのかき氷で一服。柔らかくてふわふわ!

さて、猴硐を堪能したあとは今回のメイン、九份へ!
下調べではタクシーであっという間らしい。
しかし、駐車場に向かうとタクシーはあるものの悉く運転手が不在。
お昼休みかな?と思いつつ道を歩いて見るけどやっぱりタクシーは走ってない。

呆然としつつビジターセンターに。幸いなことに日本語が分かるスタッフさんがいて、
「タクシー呼びますね」と電話をしてくれてホッとする。
しかしそれもつかの間、「タクシーが呼べませんでした」

そんなことがあるのかと絶望していたら、バスがあると教えてくれました。
駅に向かって右、トンネルを越えたところに826というバスがあるらしい。

P3290227

トンネルの先には、駐車場とバスが。ガラガラです。
日本語は全く通じないので、九份と書いたメモを見せると、頷いてくれました。

瑞芳からのバスは混むらしいので、逆に良いかもしれない。
そんなわけで、猴硐から九份は826バスもありだと思います。
素人丸出しで行先を聞いたせいか、丁寧に降りる場所も教えてくれました。
P3290231

そして九份。
 P3290234
想像以上に山の上でした。 狭い道にお店がところ狭しと並んでいます。雑貨屋さんにお土産屋さん、屋台となんでもありです。こんな狭い場所なのに例の臭い豆腐も売っています。色々なお店を物色して記念に印鑑を作ってもらいました。機械彫りなので安い!台湾っぽい字体なので実用性は皆無ですが^^;
そして、ふらふら進むと花文字の先生が!
 P3290239
名前を描いてもらいました。下書きなしですらすら描くのはみごとです。友人と見せあって金魚だ、鳥だと惚れ惚れ。どんだけ自分の名前が好きなのって感じですね^^;

通りを抜け、湯婆婆的湯屋と看板が出ているお茶屋さんへ。旅行雑誌でよく出てくるあの建物です。 P3290248

P3290254

P3290256
高いですが、せっかくなのでお茶してきました。暑いという忠告を断りテラス席!一回目はお店の方が淹れてくれて、後はセルフで淹れ放題という感じです。足元にヤカンが置いてあり、常にぐつぐつ煮たってます。うろ覚えでお茶を淹れてたら、みかねた店員さんが違いますよと教えてくれましたが、結局覚えられず。

日も傾むいてきて、街の雰囲気も変わってきます。先程の茶屋がライトアップされるのを一目見ようと人が集まります。周りはほとんど日本人です。今まで日本人に殆ど会わなかったのにどこにいたんだってぐらいに日本人でした。
 P3290304
提灯がともり、異世界のようでした。
そして、坂を下ってバス停へ。ここで現実に戻されます。降りてくるバスはほぼ満員。日本みたいに詰め込み乗車はできないようで数人だけ乗せてバスが行ってしまう。バス停には大量の人。しかも並ぶとかいう概念は無い。 帰れるのか、と焦りが出てきたところ、タクシーのおっちゃんが台北まで1000元~と煽ってきます。しかしおっちゃんの提示する額が1人なのか1台なのか分からず、しかも近くの日本人?に「1人の額だよ」と耳打ちされ、バスを待つことにしました。
 結局乗車できたのですが、待つのが不安すぎて、乗車した途端安心してすぐ夢の世界に。うつらうつら目を覚ますともう何処を走ってるのか分かりません。隣の方に「台北はまだですか」とか聞いたらびっくりした顔をされました。すみません。

 しばらくして忠孝復興駅に到着。といっても、台北に行くと言われ、台北メインステーションに着くと思っていたので、見知らぬ場所で皆降りるし、「ここどこですか?」と近くの人に聞いたら「SOGOだよ」と意味不明な答えだし(後でとても明確な答えだなと思いました)、運転手さんは日本語通じないしで、私たちはどこにいるんだって焦りました。地図を頼りに現在地を割り出したところで、ようやく、よく無事だったなと、謎の生還感。

 夕飯は近くの火鍋の食べ放題に行きました。牛乳のスープはいまいち……。もっぱらハーゲンダッツ食べ放題を堪能してました^^; ホテルへ戻った後も何となく出掛けたくて深夜にスーパーと美食街へ。愛しの葱餅が売ってたのでチーズ入りのを注文しました。ほんとおいしい。深夜だけど。 P3300312

三日目に続く。

二泊三日台北旅行 一日目 中世記念堂~士林夜市


3月末、台湾に出かけました。初めての台湾です。目的はベタに九份と小籠包。
このためにパスポートも更新し向かいました。

【一日目 8:00】
成田空港に集合。エバー航空さんで10時出発です。
酔い止めに梅を食べ、出発に備えますが、なかなか出発しません。
元の場所に戻ってると思ったら、何かあったみたいで点検で遅れるとのこと。
お菓子と水が配られましたが、「ごまかされてる気がする」と、友人。
結局1時間半遅れての出発。
機内食は、桜の蕎麦にケーキと日本的。
P3280007

【14:40】
台湾着。時差はぴったりマイナス1時間。入国の前に両替できる場所があるので両替。
現地でガイドさんと合流し、ブラックユーモアが効いたガイドを聞きながら混載バスで台北に向かいます。
「飛行機遅れたし、ホテル行く?それともお茶飲む?」の質問に、ホテル直行と答えたいところですが、やっぱりお茶屋さんに連れてかれます。

そんなわけで到着早々、ツアー恒例らしい試飲タイム。ガイドブックのお茶の特徴を読みながら盛り上がってたら、おばちゃんに「話きかないねー」と注意されました^^;
P3280015

試飲が終わるとお土産コーナーに。うっかり商品を見ようものなら、おばちゃんたちがマークしてくるので、ふらふらと躱す。ガイドさんに「外に写真撮りに行っていい?」と尋ねてたら許可がおりました。しばらく外の様子を見たら、再びバスへ。
ホテルに向かう間に鼎泰豐(ディンタイフォン)のクーポンを購入。
待ち時間が短くなって10品つきで一人2500円。ガイドさんが提示するものなので高いんだろうなと思いつつも、時間と確実性があるなら、ということで購入。

【16:00】
ホテルに到着。いよいよ自由に!
中正記念堂の17時の衛兵交代を見に、大急ぎで向かいます。

MRTの切符。おもちゃのお金みたいです。
電車も頻繁に出ているので、ほとんど待つこともなく乗り込むことができました。
P3280031

【16:45】 
ギリギリで中正記念堂に到着。圧倒的な存在感です。広大な敷地に、衛兵交代はどこだと迷う。
とりあえず、上を目指します。
P3280032

上がると、衛兵さんがいました。一糸乱れぬ動きで歩いています。
P3280037

群がる観光客を係員さんが掻き分け、その間を衛兵さんが通っていく様子はなんだか凄いです。
某鼠王国では考えられない自由さです。
そんな中でも、衛兵さんは表情を変えずに進んでいきます。本日最後の交代の時間と言うことで、国旗を下ろす様子を見れました。きびきびとばっちりのタイミングで動く衛兵さんに関心するばかりでした。

そのまま、隣駅の鼎泰豐まで歩いて向かいます。
今回の目的の一つなのでわくわくです。
P3280062

P3280067

15分ほどで入店。表示は50分待ちでしたが、3階はクーポンやツアー客専用なのか、ぽつぽつ席があいていました。
料理は日本人の口に合う味付け。
シンプルな見た目のもの多いですが、一つ一ついい味をしています。
デザートは餡子が入ってる小籠包でした。初めて見てびっくりしましたが、甘さも程よく大満足。
さすがに汁はでて来ないので、小籠包というよりお菓子みたいでした。

そのまま近くの永康街を散策。ガイドさんにここのマンゴーかき氷を勧められていましたが、お腹がいっぱいなので断念。暗いですが人通りも多く、横浜中華街みたいです。日本語も通じるので、日本にいる感覚になりますが、鳥がぶら下がってるのを見て台湾だと思い出す……。
そんなこんなで、一往復して、お腹も落ち着いたら、次は士林夜市です。

【19:30】
MRT劍潭駅から士林夜市へ。最大級といわれる夜市に期待が高まります。
さっそく、色々な屋台が見え、お祭りみたいです。
P3280078
苺飴。フルーツが怖くて食べませんでしたがとてもいい匂いがしました。
右のは何の果物なんだろう……。

路地に入ると、服屋がところ狭しと並んでいました。原宿みたいな感じです。
これは夜市じゃなくて商店街なんじゃないかと思い、夜市を探すと、地下美食街の案内がありました。
まずは、地上部分を回ります。
P3280086
文化祭みたいな手作り感あふれる屋台。風船ブームなのか同じような店がいっぱいありました。
水風船が釣り下がっている所もあり、当たった瞬間屋台の中が水まみれだろうなと心配しましたが、そんなこと気にしないのかもしれません。

一通り地上を回った後は地下へ。
入る場所を間違えたのか、降りた瞬間ゴミ置き場でしたが気にしないことにする。
P3280093

P3280103
色々なお店がぎゅうぎゅうです。地上は立ち食いできるものが多かったですが、地下はテーブルについてゆっくり食べられる様になっていました。
しかし、結局何も食べずに、写真だけ撮ってでてきてしまいました。
なぜなら臭いがすごい。いろんな臭いが混ざってて嫌だとかじゃない。「臭豆腐」が耐えられない臭いなんです。
「臭いけどうまい」なんて話を聞いていましたが、まさかここまで臭いとは……。臭豆腐の屋台が近づく度に「やつだ」と分かるレベル。おいしいのかもしれませんが、私は臭いでやられました。

地上に出て、食べたかった大鶏排(ダーチーパイ)の店に並びます。夜市についた時に長蛇の列が見えたのですが、その時と長さは変わらず。大人気です。
P3280073
要するに、巨大なフライドチキンです。この後、炙って完成です。
前の人を見ていると、どうやら切ってもらっているようです。「切る?」と聞かれたので、半分にしてと言ったら「NO」と言われました。切るか、切らないか選べと。
大きいチキンの写真が撮れないのが惜しいですが、食べにくそうなので切るように頼むと、銀色の箱にチキンを入れます。すると、6つぐらいに小さくなって機械の下からでてきました。「ね?」と顔をされたので、これは半分にできないなと納得し、「OKOK」と思わず頷いてしまいました。
衣には甘辛なタレがついています。美味しいのですがほんのり食べなれていない甘い香りが。台湾の香辛料なんでしょうか。
憧れのの巨大チキンを食べ、満足したので、ホテルの近くのマッサージ屋さんに向かいます。

【21:00】
雙城街夜市に到着。夜市内にある三葉足健体療中心へ。このお店はクーポンがあるので要チェックです。
色々なメニューがありますが、マッサージではなく、角質取りをすることにしました。
渡されたズボンに着替えます。旅館でよくある名前が柄になっているようなズボンですが、なぜか記入された言葉は「ゆうえんち」。どういった経緯でこんなものができたのだろう……。
角質取りの前に足湯があるのですが、、その足湯が足湯用のポリバケツというローカル加減抜群です。清潔感はあるので別にいいのですが、小学校みたいな長い水道場で、4人ぐらいがバケツに足突っ込んでる光景は思わず笑いがこみあげてしまう。昔の日本のファッション雑誌を見ながら足湯をして、いよいよ角質取り。刃でショリショリ削っていきます。痛くもかゆくもなく、なんともいえない心地よい感じです。最後に鑢をかけるのですが、さすがにこれはこしょばゆい。
終わると、大量の角質が!「いっぱいとれたよ!おみやげね!」と冗談をもらって帰路につきました。

格安ツアーということで心配していましたが、今回のホテル「帝后大飯店」は清潔感もあって安心しました。
かび臭いと聞いてましたが、少し湿った木の臭いがするなーという程度で特に気になりませんでした。扉の立てつけが悪いのだけは笑いましたが。
あ、ちなみにベットの下とか、棚の裏は覗いちゃいけませんよ!!「見えない(触れない)所は掃除しなくていい」と割り切っているみたいですw 使う所はきれいならこちらも困りませんしねw
はぶらしはないですが、タオル類はしっかり揃っています。トイレの紙も流していいっぽい?

足裏が柔らかくなったなーなんて思いつつ、晩酌の為に、近くのスーパーで買った飲み物を冷蔵庫に入れようとしたらここで事件が!なぞのカットフルーツがある!!
フロントに電話しますが、夜遅いせいか、日本語ができるスタッフがいない。
とりあえず部屋に来てくれたので、友人が英語で何か話して解決してくれました。
英語を話せるって素晴らしいね。見習いたいものです。
フルーツは前の人が忘れていったのかな?そんな珍しい体験をして、1日目を終えました。

二日目に続く。

浜離宮恩賜庭園に菜の花を見に行った


菜の花がきれいと聞き、浜離宮恩賜庭園に行きました。
入るとさっそく目の前に菜の花畑が。



来週には満開になるかな?



菜の花を食べようと鳥が集まっていました。
細い茎の上で上手にバランスをとっています。



猫がトコトコトコ・・・



梅は満開。紅梅と白梅が同じ枝に開いていました。



一つの花が2色に別れているものも。



中島の御茶屋で休憩。
水鳥のお菓子でした。柚子の香りがほっとします。



2000.9.4 三泊四日、カンボジアツアー


母に誘われ、カンボジアのツアーに参加しました。
「アンコールワット?名前は知ってる~」程度の知識で行った旅行記です。

続きを読む
記事検索
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

管理人の椎です。夢は百名山制覇、目標はジャンダルム。
登山歴4年目、山のことばかり考えています。